最近の人気記事

  1. 2月28日(日) 練習試合「中日vs.楽天」【試合結果、打席結果】 5回表途中、1-2のビハインドで降雨ノーゲームに…
  2. 2月28日(日) 練習試合「中日vs.楽天」スタメン発表 8番キャッチャー木下拓哉、先発ピッチャー福谷浩司!
  3. ファン「Q.今は何をしているんですか?」 元中日・伊藤準規さん「確かに僕、言っていないですもんね(笑)」
  4. 中日・丸山泰資投手、サンデーモーニング『スポーツ御意見番』で“あっぱれ”をもらう! 岡島秀樹さん&張本勲さんが絶賛!?
  5. 中日・根尾昂、3月2日からのソフトバンク戦で外野起用へ 与田監督「1番の目的は1軍の試合に出すこと。打撃でも十分使いたくなるようなものも残している。京田と比べ双璧かと言われれば全体的には京田の方が上だと思う」
  6. 中日・山本拓実投手、2軍降格を告げられる…
  7. 中日と楽天、旧交を温める
  8. 元中日・伊藤準規さん「僕はルーキーから苦しんでるのをいっぱい見ているんですけど、やっぱり根尾は凄いんですよね。あの子は必ず、このプロ野球に対応していくと思っているんですよ」
  9. 中日・大島洋平選手が完璧なノーバウンド好返球! → 直後に激しいスコールで降雨ノーゲームに… 大島「珍しいボールを投げたので嵐が降ってきました」【動画】
  10. 中日ドラゴンズ「ドラゴンズが勝つたびに、明日の自分まで負ける気がしなくなるなんて、この『大好き』はホント呆れるほどに、楽しい」
  11. 超高出塁率で存在感!? 中日・三ツ俣大樹、練習試合での出塁率は6割超え!【ここまでの全打席結果】
  12. 練習試合でアピールに成功した選手は…? ここまでの中日ドラゴンズ全打撃成績(練習試合終了時点)
  13. 練習試合でアピールに成功した選手は…? ここまでの中日ドラゴンズ全投手成績(練習試合終了時点)
  14. レジェンド・立浪和義さんが中日・京田陽太選手の好調の要因を語る!


レジェンド・岩瀬仁紀さん「やっぱりもう引退したほうがいいなと思いましたね」 引退を決断した理由とは…





■2020.05.03 スポスタ魂

─1002試合登板と407セーブ、前人未到の大記録を築いた伝説のクローザー岩瀬仁紀。これまで明かさなかった輝かしい記録の裏に隠された胸の内。長年、岩瀬を取材してきた佐藤啓に打ち明けた。誰も知らない「鉄腕の素顔」。岩瀬はあの時何を感じていたのか…。

『2017年8月6日 もう一度あの場所で投げたい』
レジェンド・岩瀬仁紀さん「やっぱりもう引退したほうがいいなと思いましたね」 引退を決断した理由とは…

─2017年8月、岩瀬はプロ野球史上最多となる950登板を達成。クローザーとして9回に登板しセーブを記録。大歓声とフラッシュに包まれた岩瀬。しかし、その胸の内は決して明るくはなかった…。周囲の祝福に笑顔で応えるものの、その胸の内は複雑だったという。
レジェンド・岩瀬仁紀さん「やっぱりもう引退したほうがいいなと思いましたね」 引退を決断した理由とは…

岩瀬:
まぁ記録自体は達成できて嬉しいですけど、

「抑え」になれていない自分がずっと歯がゆかったっていうのは覚えていますね。

やるからには最後は「抑え」で終わりたいっていうふうには思ってましたから。

「抑え」に戻るために…、頑張ってましたね。

佐藤アナ:
またクローザーをやりたいと?

岩瀬:
そうですね。

もう一度あの場所で投げたいと思っていましたから。
レジェンド・岩瀬仁紀さん「やっぱりもう引退したほうがいいなと思いましたね」 引退を決断した理由とは…

─この頃の岩瀬は中継ぎ。時には敗戦処理を任されることも。9回のマウンドには後輩らが立つようになっていた。岩瀬はもう一度「クローザー」を目指し、2018年シーズンに挑んだ。9月、1000試合登板となったこの試合(2018年9月28日 阪神戦)、岩瀬は9回にクローザーとして登板。”クローザー・岩瀬仁紀” 通算407セーブの大記録達成。その時岩瀬は何を思ったのか…。

岩瀬:
正直ね、もう1000試合の時は最後お立ち台で泣いてましたけど、

あれは1000試合の喜びとかそういったことじゃなくて、

もう引退をするって決めてたんで、

ここのお立ち台に立つのももう最後だなと思ったんでそういうふうになったんでしょうね。

佐藤アナ:
引退を決意した何かきっかけ、指標はあったんですか? 岩瀬さんの中で。

岩瀬:
う~ん…。

やっぱり「抑え」が出来なかったことですね。


佐藤アナ:
やっぱり「抑え」の役を他の人に担わせる立場になったことを自分では許せなかった?

岩瀬:
許せないですし、

もう自分が戻るべきところではなくてしまったと感じた時に、

やっぱりもう引退したほうがいいなっていうふうに思いましたね。
レジェンド・岩瀬仁紀さん「やっぱりもう引退したほうがいいなと思いましたね」 引退を決断した理由とは…

落合博満さん「1年ぐらい投げられないから何だ。お前はどれだけやってきたと思っているんだ」


最後まで「抑え」という役割にこだわり続けたレジェンド岩瀬仁紀さん。晩年は複雑な想いもありながらの登板だったようです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング




▼この記事を共有する


★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 10 件のコメント

  1. 536 :DU5YwZTMy-0OW
    2020年5月17日 00:03
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    晩年でも左腕の中では一番信用できる中継ぎだったんだよなぁ

    37
    1
    +36
  2. 538 :WUzO4OTY2-mNz[s]
    2020年5月17日 00:07
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    やっぱカッコいい
    岩瀬が贔屓のチームにいてくれてよかった

    30
    0
    +30
  3. 539 :GQwYjZWJj-mZD[a]
    2020年5月17日 00:16
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    10000試合の涙を思い出すと自分も泣けてくる。やっぱり岩瀬が一番好きだわ。

    21
    0
    +21
    • 550 :GM0YzNGNk-2ND[d]
      2020年5月17日 01:34
      >>539
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      01個多いw

      26
      0
      +26
    • 589 :2ViM4MGEw-xNW
      2020年5月17日 12:34
      >>539
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      不老不死の死神すぎる

      11
      0
      +11
  4. 544 :zQ1M3NTg0-3Mz[a]
    2020年5月17日 00:49
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    野球を観始めたのがちょうど落合政権の最初の頃だったから、抑えとして岩瀬が当たり前のように勝ち試合を締めていてそれが普通だと思ってたけど今思うとめちゃくちゃ凄いことだったんだなぁとしみじみ思う。

    21
    0
    +21
    • 546 :zdjNmNDM5-mNj
      2020年5月17日 00:52
      >>544
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      俺も落合政権から見てたせいで
      岩瀬,山本昌,アライバ,谷繁のようなレジェンドが「普通」だと思ってた

      23
      0
      +23
  5. 553 :mU0N1NTE5-5ZT[a]
    2020年5月17日 01:52
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    結果だけ見れば2019年はロドリゲス、岡田、福がおって左腕不足とはならんかったけど
    岩瀬が引退ってなったとき来年左の中継ぎおらんやんってなったわ
    そのレベルではやれてた

    18
    0
    +18
  6. 554 :Dc5NyODBm-0OW
    2020年5月17日 02:00
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    強打者に回ったところで代えられてたおかげなんだろうけど、晩年のWHIPは1.01
    後続がランナーを返して防御率がみるみる悪化していったけど、どうせ限界なら自分で失点してほしかった
    ファンとしては諦めがつかなかったんだよなぁ

    13
    1
    +12
  7. 564 :TJmN0YmQ4-0OW
    2020年5月17日 08:22
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    1999年、一番厳しい場面をほとんど任され、ことごとく火消しに成功し最も多くの勝利に貢献し優勝の原動力になった投手はまぎれもなく岩瀬だった
    この年の全ての試合をリアルタイムで追った肌感覚で、リーグ優勝のMVPは「中継ぎ・岩瀬」が最もふさわしいと確信していた
    絶対的な抑えだった自負からか、最後まで「抑え」にこだわった気持ちもわかるが
    抑えになる前の中継ぎ・岩瀬もリーグMVP相当の活躍をしてくれたし
    晩年、もし先発という選択肢を首脳陣が勧めてくれたら、そこでも一花咲かせ勝利に貢献出来た気がする
    途方もない長年にわたるドラゴンズへのかけがえのない貢献に最大級の感謝
    これからは岩瀬自身が最も生きがいを感じる生き方をしてくれたら嬉しい

    20
    0
    +20

最新の書き込みを取得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。