最近の人気記事

  1. 2月5日(日) 中日ドラゴンズ春季キャンプ シート打撃結果速報
  2. 中日・高橋宏斗投手、立浪和義監督と深刻な表情で話し込む…?
  3. 中日・荒木雅博コーチが語った、ドラフト2位・村松開人とドラフト6位・田中幹也の“評価”「村松くんは普通にもう出来上がっている感じのところもあるから」
  4. 中日・立浪和義監督、鵜飼航丞と細川成也について言及する
  5. 中日・立浪和義監督「明らかにフォームが変わっている。そういうことも投手コーチと話しながら(やってほしい)。全部が全部、(山本由伸と)いっしょにしようとするとおかしくなると思う」
  6. 中日・立浪和義監督が「なんかあっちに活躍されると悔しいなというね(笑)」と語る選手が…
  7. 中日・高橋宏斗投手、ブルペンでフォームを確認する
  8. 中日・アルモンテ、3年ぶりに中日復帰して「そこが一番驚きだった」と語ることが…
  9. 中日・砂田毅樹投手「あいつはもうナメています」 その選手は…
  10. 中日・柳裕也投手「やっぱり言わなきゃ伝わらないので、まぁ誰も言わずにダラダラ来たのが今の現状だと思うので」
  11. 中日新助っ人・アキーノ、シート打撃で橋本侑樹から豪快ホームランを放つ!!!
  12. 中日ドラフト6位・田中幹也に首脳陣が熱視線 その中で見せたバッティングが…
  13. 中日・和田一浩コーチ、新助っ人・アキーノに感心する
  14. 中日・岡林勇希、新助っ人・アキーノには「一応、先輩なので『アキーノさん』と『さん』付けはしている」 → ドラフト6位・田中幹也には…
  15. 中日・高橋宏斗投手、昨季までのフォームも交えて投球「どっち(のフォーム)で投げるというより、感覚は似ている。準備は順調で、確実に球は良くなっている」 立浪和義監督「合う、合わないもある。まだ日にちもあるのでそんなに心配していない」
  16. 2022年の甲子園大会が終わったくらいの頃、中日・立浪和義監督と井上一樹さん「聖光学院のキャッチャー、これ面白くないか?」
  17. 中日・立浪和義監督、新加入の細川成也選手に伝えたことが…?
  18. 中日ドラフト2位・村松開人、鋭いスイングで柵越え披露!!!【動画】
  19. 阪神前ヘッドコーチ・井上一樹さんが明かす、「他の球団から見ていると、もう欲しくて欲しくてしょうがない!あんな選手が欲しいなと思いますよ!」と感じる中日選手
  20. 中日・岡林勇希、柵越えを披露!!!【動画】


中日育成ドラフト3位・樋口正修、埼玉武蔵ヒートベアーズ球団事務所に最後の挨拶に訪れる

樋口正修
樋口正修


■2022.12.25 埼玉武蔵ヒートベアーズ【公式】(@musashi_bears)さん / Twitter

本日、#樋口正修 選手が最後の挨拶に事務所に来てくれました😀
#中日ドラゴンズ での活躍を期待しています❗️

最後に金城さんとベアーズカフェでツーショット✨
そして・・武蔵ロケッツは誰もいなくなりましたね😂

#埼玉武蔵ヒートベアーズ
#武蔵ロケッツ解散


中日育成ドラフト3位・樋口正修「あれなかったら、たぶん僕、中日ドラゴンズの指名ないです」


中日・樋口正修「立浪監督、片岡監督とPL学園のご出身で今まで以上に厳しい環境で野球をするというふうには言われているので、それに耐えられる身体づくりを…」 → 立浪和義監督「二軍監督は厳しいですけど、私は非常に優しいかなと思っております」


新入団選手達の入寮日も迫ってきました…!

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング




▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線などで一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 1 個のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

  1. 285 :DdkZ1YmM3-1NT(KD106176191072.ppp-bb.dion.ne.jp)-OD
    2022年12月25日 17:53
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    高松と似てるよな

    4
    0
    +4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係でコメント機能が利用できません。巻き添え規制・大規模規制がかかっている場合があります。