最近の人気記事

  1. 「リリーフやりたい…」 中日・落合英二コーチが明かした本人が“リリーフ希望”かもしれない若手先発投手2人の名前
  2. 中日・根尾昂「郡さん、僕お酒飲み始めたんですよ!結構強いかもしれないっす!」 郡司裕也「おぉ!お前どんなの飲むんだ?」 → 『ほろよい』の缶を1本持ってくる → 郡司裕也「女子か!(笑)」
  3. ルーキーイヤーの中日・浅尾拓也投手、春季キャンプでバッティングピッチャーとして登板すると150km/h超えを連発 見ていた選手達「おいおい!?なんだこいつ!?やべぇ!!!」 → しかし、7,8球を超えていくと…
  4. 中日・京田陽太「ある1人のピッチャー以外は普通にマウンドに行って楽に声をかけられるんですけど…」 木下拓哉「アレはヤバイっすね…」
  5. ロッテ・藤原恭大が中日・根尾昂に「高校の時はもっと意識が高かったよな」と指摘 → 翌日から根尾が発奮するように、さらに練習に熱を入れ始める
  6. Q.『こいつ見とけよ!打球速度が結構良いぞ!』という穴場選手は? 中日・鈴木義広スコアラー「石川昂弥はもちろん当然のラインとして、僕のイチオシというのは…」
  7. 中日・立浪和義監督「過去、ドラゴンズの練習は長かったと言われるが結局やっていたのは若い選手。それなのに果たして誰か出てきたのかといえば、そうでもない。やるからには成果が上がるようなことを考えていかないと」
  8. 中日・立浪和義監督、ドラフト2位・鵜飼航丞をべた褒めする
  9. 中日・立浪和義監督「じゃあ、英ちゃん、初の監督命令で!」 初めての監督命令はまさかの…?
  10. 2021年シーズン限りで中日ドラゴンズを退団・退任した監督・コーチ達の進路は…?(1月13日時点)
  11. 中日・鈴木義広スコアラーが明かした『中日ドラゴンズ 打球速度ベスト3』 外国人選手らと共に上位にランクインした選手が…?
  12. 中日新助っ人のフランク・アルバレス投手「私はここでその日が来るまでしっかりトレーニングします。すべてをドラゴンズに捧げたい」
  13. 藤井淳志さん「仁村さん、めちゃめちゃ怒りましたからね。『4番がそんな当ててライト前なんて、情けねぇことやるんじゃねぇよ、お前は!』とか言って」
  14. 中日スタッフ会議が行われる! 根尾昂、石川昂弥、高橋宏斗が春季キャンプ1軍北谷組に内定!!!
  15. 藤井淳志さんと中日・土田龍空のエピソード、色々と凄すぎる「ヤバイ奴が入ってきた!」
  16. 中日・大島洋平選手、報道陣の分までお昼のお弁当を用意する
  17. レジェンド・岩瀬仁紀さん「たぶん最初はセ・リーグのほうが凄く楽だと思えるんですよ」 中日・岩嵜翔投手はセ・リーグのほうが抑えやすい…?
  18. 中日・立浪和義監督、石川昂弥は「(根尾とともに)1軍でスタートさせます。一番やらないといけない選手」 高橋宏斗は「非常に期待は高い」


『2022年NPB新人選手研修会』が行われる 井端弘和さんも講師を務め、中日に福留孝介選手が入団してきた時の体験談を語る

井端
井端


■2022.01.12 日本野球機構(NPB)さん (@npb) / Twitter


NPB新人選手研修会
 「2022年NPB新人選手研修会」は12日、新型コロナウイルス感染防止のためオンライン会議システムを利用して行われ、新人選手と審判員ら130名が参加しました。

 研修では、野球殿堂博物館の紹介に続き、「アンチドーピング活動・脳振とうについて」、「税の意義と役割」、「薬物乱用防止について」、「暴力団の実態と手口」、「SNSの使用モラルと危険性について」、「有害行為について」、「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」の7講義などが行われ、新人選手たちは画面を通じて講師の話に耳を傾けていました。

 「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」の講義では、井端弘和氏が講師を務め、プロ野球選手としての心構えなど自らの経験を基にアドバイスを送りました。

■2022.01.12 スポニチアネックス

NPB新人研修 井端弘和講師「この中から1人でも多く侍ジャパンに入ってほしい」
『2022年NPB新人選手研修会』が行われる 井端弘和さんも講師を務め、中日に福留孝介選手が入団してきた時の体験談を語る

 「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」と題した講義では、侍ジャパンU―12代表監督に就任した井端弘和氏(46)が新人合同自主トレ、キャンプからシーズンへ臨む心構えを自らの体験を交えて披露。入団2年目に福留孝介(現中日)が入団し、戦力外も覚悟しながら秋季練習は「死にものぐるい」で臨み、1軍定着後も努力したからこそ、中日・巨人で18年間プレーできた背景を説明した。

 「チームの一員としての心構え」では、個人成績より自軍の勝利へどう役割を果たすかが重要と力説。そういう一投一打の継続が成長を促すとし「この中から1人でも多くの選手が侍ジャパンに入って欲しい。日の丸をつけて活躍するのは、チームの気持ちが理解できないとね」と話した。

記事全文を読む

井端弘和さん、中日・仁村徹2軍監督が厳しくて「この人と一緒に野球をやりたくない…1軍に上がれば顔を合わせなくていいんだ!」 → 2年後に1軍コーチに


落合博満さん「それをやったのが井端と森野と荒木。やったのは3人だけなの。あとの若い連中は逃げた」 頭が真っ白になる“猛練習”


ドラゴンズのルーキー達も新人研修に参加。井端弘和さんのお話など、プロ野球選手としての心得を学んだようです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング


▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 コメントはまだありません。
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    ※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。