最近の人気記事

  1. 要請があと2,3日早ければ中日・井端弘和コーチが誕生していた!? “中日・立浪和義監督誕生へ”報道のあとオファーを待つが…?
  2. 中日・立浪和義監督「本当は後輩の宮本をヘッドで最初に呼びたいというところから始まって、まぁちょっと事情があって…」
  3. 当時30歳の中日・藤井淳志選手へ、落合博満監督「アイツだけはまだ1人部屋はダメだ」
  4. 中日・木下雄介投手のInstagramが更新される「来てくれてありがとう」
  5. 井端弘和さんのコーチ時代、吉川大幾選手に「もういい!タクシーに乗って帰れ!」 → 帰らせ方にも意味が…?
  6. 井端弘和さん、小学生の時点で身長170センチを超えるホームランバッターになり「自分が清原2世だ!再来!」 → しかし…?
  7. 中日新助っ人のギジェルモ・ガルシア選手「Dragons」
  8. レジェンド・岩瀬仁紀さんが語った中日ドラフト2位・鵜飼航丞選手の長距離砲としての“課題”はまさかの…?
  9. 藤井淳志さん「伊藤康祐とか岡林とかは凄い良いモノを持っているし、凄い期待しているんですよ…なんですけど外野手ってポジション3つしかないわけなんです。要は大島と被るキャラは大島を超えなきゃダメなんですよ」
  10. 藤井淳志さん「言えないんですけど、公にはできないんですけど、あそこではサイン盗みどうのこうの以外のこともちょっと色々ありまして…」
  11. 中日ドラゴンズ公式アプリ『ドラプリ』が登場!!!
  12. 中日、新応援歌が作成される!!! 中日ドラゴンズ応援団「先日、2022年シーズンに向けての方針が決まり、新応援歌等の録音を行いました!公式発表のその時まで今しばらくお待ちください」
  13. 中日・岡林勇希「へい、もういっちょ!」 浅尾拓也コーチ「山井さん、あれ大丈夫っすかね?」 山井大介コーチ「立浪さん笑っているからええんちゃうかな…?」
  14. 中日・森野将彦コーチ、大島洋平選手は“このあたりまでくるプレーヤーだな”というイメージは「正直無かった」も光っていた部分が…?
  15. 当時の中日・落合博満監督「今日、吉見のランニングのベストタイムいくつだ?」 吉見一起投手「○○秒です」 → その後の一言が…?
  16. 中日・京田陽太「高松の足は次元が全然違います」
  17. 中日・立浪和義監督、根尾昂と石川昂弥が今後1軍戦線に生き残るために必要なものは「試合に入っていったら結果というより…」
  18. 中日・石川昂弥「凄い面倒くさいですね、あいつは(笑) 結構しつこい(笑)」


落合博満さんの天才的なバッティングスタイルが生まれた理由は「あの当時のパ・リーグの野球が…」



■2021.12.29 MBSラジオ

『JA淡路日の出スポーツスペシャル ~MBSベースボールパーク番外編~ 落合博満×掛布雅之 THE・野球談議』
落合博満さんの天才的なバッティングスタイルが生まれた理由は「あの当時のパ・リーグの野球が…」





掛布:
あの独特のですね、

僕も流してホームラン打ちますけど、

落合さんの押すような感覚のホームランというのは、

川崎球場という中で身につけていったものですか?

落合:
いや俺はね、

あの当時のパ・リーグの野球というのは、

主力に対して「ど頭、いけ!」という時代だから。

掛布:
私もベンチから聞こえてました。


近藤アナ:
「ど頭」?

落合:
「頭、いけ~!」って言って。

掛布:
聞こえますよね。

落合:
聞こえる、聞こえる。

そこの4番バッターをゲームから外しちゃえばいいわけだから。

勝つ確率が高くなってくるという。

近藤アナ:
喧嘩野球ですね。

掛布:
露骨でしたよね。

本当に来るんですよ。


近藤アナ:
言っているだけじゃなくて?(笑)

掛布:
うん。


落合:
本当に来るの。

ぶつけたら「ぶつかったほうが悪い」っていうようなそういう時代だから。

だから、それを避けるために、

ああやってオープンに自然になったんだと思う、本能的に。

掛布:
自分、危険回避じゃないけども、

頭に来るデッドボールに対する対応を考えながら、

開きながらグッと押すような形の。


落合:
だから引っ張り込みに行くことってほぼないんだ。

全部、ボールはセンターに、ピッチャーに対して返していくというのが基本だったから。

掛布:
あ~、

それはデッドボールに対するリスクも考えながら。

落合:
だからバッターボック入って何を待つ?

掛布:
僕は基本的にはホームベースに真ん中に線引いて、

アウトコースとその真ん中の間のアウトコースのボールです。

落合さん、どこですか?


落合:
インサイドの高めいっぱいの真っすぐ。

ここにモロに来るというのがあって。

掛布:
これ右バッターと左バッターの違いかもしれませんね。

僕は左ピッチャーが来た時は、そこを意識しますね。

抜け球が怖いので。

そこを意識しながら


落合:
ここを意識しながらインサイドの高めいっぱい、

バッターボックスに立っていたから、

自然にピッチャーからボールが手を離れると、

ここに来るもんだというふうに自然にそういうふうになっちゃていた。





Q.プロ野球のレベルはちょっと下がって見えています? 落合博満さん「いやぁ、下がっていると思う」


落合博満さんが考える“負け方”「お客さんには申し訳ないけどね」 掛布雅之さん「阪神と巨人って、そういうの結構難しいんですよね」


落合博満さんのバッティングの原点は相手の主砲を潰しにくるピッチングから身を守ることだったようです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング


▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 2 件のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

  1. 855 :DRlOjNmFkND-lYT(p1803140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp)
    2022年1月7日 10:38
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    山内一弘そっくりの内角打ち
    山内は別当薫の弟子
    オレ流ではない
    やや真似事
    毎日オリオンズの伝統打法の継承

    1
    2
    -1
  2. 884 :jQwYyYWE2Yj-2Yz(KD027083041222.ppp-bb.dion.ne.jp)
    2022年1月7日 15:13
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    落合の方が年上なんか

    0
    1
    -1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。