最近の人気記事



中日ブルペン捕手が「去年の後半から、めちゃくちゃ良くなっている」と語る中日投手が…

ナゴヤ球場
ナゴヤ球場


■2024.01.23 CBCラジオ

『ドラ魂キング』
中日ブルペン捕手が「去年の後半から、めちゃくちゃ良くなっている」と語る中日投手が…




『ナゴヤ球場練習レポート』

宮部アナ:
1年経って、プロ2年目ですよね、育成とはいえ。

ブルペンで去年以上にダイナミックなピッチングを見させてもらいまして、

その自主トレ段階での野中天翔投手、

左ピッチャーのボールを受けていました前田章宏ブルペン捕手、

今シーズンから用具の係も兼務になって大変忙しい、

 前田章宏ブルペン捕手:
 明後日から沖縄に行かなきゃ、準備で。

とおっしゃっていた前田章宏元捕手が、

今日も野中投手のボールを受けていまして、

 前田章宏ブルペン捕手:
 去年の後半から、めちゃくちゃ良くなっている。


そうなんです。

受けている人が一番分かりますよね。

 前田章宏ブルペン捕手
 ダイナミックなボールで、高めに強いボールを投げられている。

 それはバンバン伸ばしていかなきゃいけない。

 ただ、去年からもそうなんですけども、

 キャッチャーとして僕が中腰で、

 結構、高めの位置でミットを構えて投げていると、

 その高めのところにバァンと良いボールが来るんですが、

 試合中、キャッチャーは中腰どころか、しゃがみますよね。

 あのポジションになると逆に高めに抜けてしまうボールもたまにあるので、

 今後、今のダイナミックな強い高めの良さが出続ければ、これはまた凄いピッチャーに。


と。

ルーキーも頑張ってほしいんですが、

丸一年経ったばかりの2年目の野中天翔投手、頑張ってもらいたいなと思いますね。

中日・野中天翔、“先輩”から教わる


中日・野中天翔、悔しい思いを打ち明ける


野中投手がかなり良くなってきているようです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング




▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線などで一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

コメント投稿フォームまで移動する

 4 件のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。※絵文字などは非表示となります。

  1. 316 :2JmO0YTYx-wNz(115-39-94-145.dz.commufa.jp)-ND
    2024年1月24日 00:18
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    最速が140中盤で本人も変化球が持ち味って言ってたからそういう系なのかなって思ってたけど、プロに入って変わったのかな?

    17
    0
    +17
  2. 331 :GRkYxMzdk-1Mm[s](om126237014033.9.openmobile.ne.jp)-OD
    2024年1月24日 00:57
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    左投手で足を抱えるように使うのは見てても好きなタイプだ。今中や宮城くんのように伸びのある球をドンドン投げて欲しい。

    18
    0
    +18
  3. 353 :mQ4MzYjgy-2ZT(p200.net059084163.tokai.or.jp)-ZW
    2024年1月24日 07:16
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    楽しみ。左腕だし、高卒だし、腰の問題はあるけどできたら先発目指して欲しい。

    16
    0
    +16
  4. 506 :jEzO0ZWQ2-0Zm(115-37-76-129.area3a.commufa.jp)-ND
    2024年1月24日 16:29
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    キャンプ楽しみだなあ。

    3
    0
    +3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係でコメント機能が利用できません。巻き添え規制・大規模規制がかかっている場合があります。