最近の人気記事

  1. 要請があと2,3日早ければ中日・井端弘和コーチが誕生していた!? “中日・立浪和義監督誕生へ”報道のあとオファーを待つが…?
  2. 当時30歳の中日・藤井淳志選手へ、落合博満監督「アイツだけはまだ1人部屋はダメだ」
  3. 中日・岡林勇希「へい、もういっちょ!」 浅尾拓也コーチ「山井さん、あれ大丈夫っすかね?」 山井大介コーチ「立浪さん笑っているからええんちゃうかな…?」
  4. 藤井淳志さん「言えないんですけど、公にはできないんですけど、あそこではサイン盗みどうのこうの以外のこともちょっと色々ありまして…」
  5. 中日新助っ人のギジェルモ・ガルシア選手「Dragons」
  6. 斉藤和巳さんが「さすがやな。間違いない」と感じた中日・立浪和義監督の考え
  7. 中日・木下拓哉捕手「結構『お前、間を取れよ!』みたいなヤジがあるんですよ。そんな人達のために言っておきたいのが…」
  8. 中日・石川昂弥選手が明かすドラゴンズで1番気が合う人は?「1個下の…」
  9. 中日・木下雄介投手のInstagramが更新される「今日は球団との話し合いの為、お義母さん、弁護士さんと名古屋へ行きました。数ヶ月ぶりの名古屋はいろんな感情が込み上げてきました」
  10. 中日・森野将彦コーチ「鵜飼のスイングスピードは凄い。今のドラゴンズの中でもトップクラスじゃないかな」
  11. 中日・京田陽太「載せましょう」
  12. 中日・落合英二コーチ、“最初のオファー”は投手コーチだけだった
  13. レジェンド・岩瀬仁紀さんが語った中日ドラフト2位・鵜飼航丞選手の長距離砲としての“課題”はまさかの…?
  14. 元中日・ガーバー、めちゃくちゃ幸せそう
  15. 中日・森野将彦コーチ、大島洋平選手は“このあたりまでくるプレーヤーだな”というイメージは「正直無かった」も光っていた部分が…?
  16. 中日・垣越建伸投手、“遅い真っすぐ”を操る「大野さん、僕、遅い真っすぐ使えます」
  17. 中日・鈴木義広スコアラーが今季のブレイクを期待する投手として真っ先に名前を挙げた“魔球”を投げるピッチャーとは…?
  18. 中日・石川昂弥「凄い面倒くさいですね、あいつは(笑) 結構しつこい(笑)」


中日・高橋周平「今シーズンはトレーニングをやりすぎてしまって、もう良くなったんですけどオフの時にヘルニアっぽくなって、今度は右が足がおかしくなって…」



■2021.12.10 CBCラジオ

『ドラ魂キング』
中日・高橋周平「今シーズンはトレーニングをやりすぎてしまって、もう良くなったんですけどオフの時にヘルニアっぽくなって、今度は右が足がおかしくなって…」




お便り「Q.今シーズン体重を増やしましたが、来シーズンはどうしますか?

高橋周平:
いや増やしたっていうわけじゃないですけど、

トレーニングして増えちゃうんですね、

やっぱりめちゃくちゃ凄い、やったんで。

別に太る、太らないとか、

体重増やす、増やさないとかじゃなくて、

トレーニングしてそうなったんで。

加藤里奈さん:
そういうのって調子に影響するんですか?

高橋周平:
う~ん…まぁ動けるトレーニングをしているんで、

別にそうは思わなかったですけど。

まぁサードだったら別に違和感は無かったんですけど。


若狭アナ:
ちなみに何キロで今年は開幕したんですか?

高橋周平:
キャンプ入ったのは98キロぐらいで、

93ぐらいじゃないですかね。

若狭アナ:
93ぐらいでで開幕に入った。

シーズン中は93キ-プですか?

高橋周平:
いやいや90とか91とかそんなもんですよ。


若狭アナ:
だんだん減ってくるんですね。

高橋周平:
トレーニングしてないですからね、

やっぱり減りますよ。


若狭アナ:
ということはやっぱり大阪での自主トレでガツンとトレーニングして、

98まで体持っていって、

そこから自然にトレーニングの量が減って、

野球の練習が増えてということなんですね。

高橋周平:
そうですね。


若狭アナ:
体重でこうしようというのは来年はどうでしょう?

自主トレで98までパンプアップするのかどうかというのは?

高橋周平:
う~ん…、トレーニングの内容にもよりますけど、

まぁ今年、体の調子があんまり良くなかったので、

トレーニングやりすぎてしまって、

そういうところも色々と考えて、

無理のない、でも追い込むところは追い込むという感じ。


若狭アナ:
トレーニングやりすぎて体の不具合というのは、

上半身、下半身、どのあたりにどう感じたんですか?

高橋周平:
ちょっとオフの時にヘルニアぽっくなって、

それは良くなったんですけど、

今度はちょっと右足がおかしくなってとか色々あったんで、

もう「めちゃくちゃ」みたいなトレーニングはやめようかなと思います。


若狭アナ:
はぁ~!

でも、これも1回追い込んでみて、

ハードなむちゃくちゃなトレーニングをしたから分かるところでもあるんでしょうね。

高橋周平:
そうかもしれないですね。


中日・高橋周平にとっての石川昂弥という後輩の存在とは…? ポジション争いについて「サードはやりたいなってのはありますけど無理だったら…」


中日・高橋周平「ああ、異常に前に行ってたんだな…」 平均打球角度が前年の14度から8.9度に落ちていた


トレーニングでの体重増加から体の不具合が起きていたようです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング


▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 6 件のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

  1. 590 :zA4ZkNTMwY2-0Mz(KD113148007087.ppp-bb.dion.ne.jp)
    2021年12月13日 12:06
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    周平に関してはそんなに体重増やさなくてもいいような気がする。若い時は細かったけど飛ばすのがうまかった。

    29
    0
    +29
  2. 592 :TUwMyZjA0Y2-0Mz(softbank060139157130.bbtec.net)
    2021年12月13日 12:08
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    もうプロ何年目よ…と言う感じ。
    頑張れ。

    18
    18
    0
  3. 595 :TQxN0YzA1Y2-0Mz[p](pw126193107189.28.panda-world.ne.jp)
    2021年12月13日 12:16
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    今年の前半戦は打撃だけじゃなくて足が動いてなくて守備もおかしかった…
    周平のハイレベルな守備見るの好きだったからすごく悲しかった

    36
    0
    +36
  4. 680 :jM1Z3ODhmMT-2OW(KD027086057025.ppp.dion.ne.jp)
    2021年12月13日 13:02
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    やっぱ大島の感じの元やらなきゃダメだな

    1
    0
    +1
  5. 729 :mVkZxYWFiND-xYT(d-219-99-243-105.ftth.katch.ne.jp)
    2021年12月13日 13:29
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    ここのところの周平のインタビュー読んでると
    シーズン中に感じてた印象と同じだな
    使い続けるのはいいけどメンタル面も考慮してやれとは思う

    21
    2
    +19
  6. 980 :mNiMlZDZkND-5YT(p2453092-ipngn200606tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp)
    2021年12月13日 19:03
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    周平はドラ一で内野手だしリーダー役を期待されるけど
    どうしても性格的に向いてないんだなって
    キャプテンやらされて一皮むけたようにも思うけど
    使われる側でのびのびさせといたほうが良いのかもしれん

    13
    1
    +12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。