最近の人気記事

  1. 中日、大量入れ替え敢行へ!? 指名練習に姿がなかった選手は…
  2. 中日・立浪和義監督、京田陽太選手と高橋周平選手について語る
  3. 山﨑武司さん「僕も高橋周平に関しては色々と叱咤しているんですけど、何が彼にとって一番いいのかなと思ったら、これ結論が出た。山崎バッティングコーチはね、結論が出ました」
  4. 中日・高橋周平、チャンスでの凡退後に感情をあらわにする…
  5. 試合後、休日予定だった4日の中日ドラゴンズ野手組(一部除く)が急きょ練習に変更される
  6. 野球伝来150周年記念試合『U-23NPB選抜vs.大学・社会人選抜』の出場選手が発表される!!! 中日からは根尾昂と鵜飼航丞が出場決定!!!【選手一覧】
  7. 東邦ガス・大島啓太選手「山本昌さん、洋平の弟です」
  8. 山田久志さん「今日ずっと考えてきましたけども、これほど3番に苦労するならね、やっぱり…」
  9. 中日、ジャリエル・ロドリゲスが離脱へ… 立浪和義監督「(患部は)右腕。痛いことは痛いがしょうがない。無理はさせられない。1か月くらいかかるかもしれない」
  10. 【公示】7月4日(月)のプロ野球公示 中日がジャリエル・ロドリゲス、桂依央利、石岡諒太を登録抹消
  11. 中日・与田剛EA「すべて思い通りにいくことは1割、2割…よくて3割くらいなんじゃないかな」
  12. 中日・立浪和義監督が「我々を含めて責任がある」と語ったプレーは…
  13. 中日・立浪和義監督、京田陽太選手と高橋周平選手に直接打撃指導する
  14. 報道陣からの「5回1アウト満塁の好機で柳を打席に立たせて三振」の質問に中日・立浪和義監督は…
  15. 中日・高橋周平、森野将彦コーチからアドバイスをもらう
  16. 山田久志さん「今年の柳を見ていて良い時と悪い時というのが試合にもよるし、試合の中でもイニングでも出てくる時があるよね。それはなぜかといったら…」
  17. 中日・岡田俊哉投手、リリーフ再転向へ…?
  18. 『中日ドラゴンズファンの記憶に残るムードメーカーランキング』で票数0… レジェンド・岩瀬仁紀さんが「あれだけ面白い人はいないです」と語った中日OBは…


84年の球史で“1人”しか達成していない偉大な投手記録 現代野球で更新は可能か?

岩瀬仁紀
岩瀬仁紀


■2020.05.18 Full-Count

現代野球で更新は可能か? 84年の球史で“1人”しか達成していない偉大な投手記録


 未曾有の事態となっている2020年だが、これまで長い歴史を紡いできたプロ野球84年では数々の偉大の記録が生まれてきている。この中にはもはや現代野球では到達不可能とも言える超人的な記録もある。そこで、84年のプロ野球の歴史で、ただ1人しか、その節目に到達できていない数々の偉大なる通算記録をクローズアップしてみたい。今回は投手編だ。

・400勝(金田正一:400勝)
・5500投球回(金田正一:5526回2/3)
・1500与四球(金田正一:1808与四球)
・4000奪三振(金田正一:4490奪三振)


・1000試合登板(岩瀬仁紀:1002試合)
・400セーブ(岩瀬仁紀:407セーブ)

 数々の偉大な記録の多くは、1950年代などの選手たちが樹立したものになる。投手分業制が進んだ現代では更新不可能といえるものが多いが、その中で燦然と輝くのが岩瀬氏の打ち立てた2つの記録だ。通算1000試合登板は84年の歴史でただ1人しか達成していない。

 1998年のドラフト2位で入団すると1年目から勝利の方程式を担った。1999年から2013年まで15年連続で50試合以上に登板。5度の最多セーブに輝くなど、2004年からは守護神として長らくチームを支えてきた。1002試合登板は2位の米田哲也氏の949試合に53試合差。また407セーブは2位の高津臣吾氏(現ヤクルト監督)に121もの差をつけている。

・300ホールド(宮西尚生:337ホールド)

 現役投手で歴代最多記録を持つ日本ハムの宮西。ホールドは1996年にパ・リーグで初めて採用されたまだ新しい記録だ。2008年に日本ハム入りした宮西は1年目から50試合に登板。入団からリリーフ一筋で12年連続50試合以上に登板している。岩瀬と違いセットアッパーを担い続けており、ホールド数を積み重ねてきた。現在684試合に登板しており、1000試合登板まで残り316試合。このペースであと6年投げ続ければ、2人目の1000試合登板、そして“岩瀬超え”が見えてくる。

・150与死球(東尾修:165与死球)


 84年の長いプロ野球の歴史でも、ただ1人しか達成していないこれらの記録。金田氏の持つ記録の数々は更新は不可能だろうが、その他の記録には更新の可能性もあるだろう。20年以上の長い現役生活でほぼ怪我なくコンスタントに投げ続け、その上で結果を出し続けることが必要ではあるが、こうした記録を打ち立てる選手の登場を期待したい。

記事全文を読む

84年の球史で“1人”しか達成していない偉大な打者記録 現代野球で更新は可能か?


レジェンド・立浪和義さん「岩瀬仁紀投手は中継ぎの7回・8回だともっと早くに潰れていたと思うんですよね」




フォロワーさんの反応 / ネットの反応

岩瀬は本当に凄かった
407セーブに1002試合登板
スライダーが代名詞だけれど、シュートも素晴らしい

金やんや岩瀬は言わずもがなとして地味に宮西の記録もとんでもない領域に入ってきた
これだけ投げ続けて壊れない頑丈な体は中々出てこないと思う

中日の岩瀬投手が入団した1999年から2010年代まで
彼のおかげで、ドラゴンズファンは夢のような時代を過ごすことができました

登板数記録は岩瀬氏と米田氏の記録は別物だと思う
岩瀬氏はほぼリリーフだけど、毎日投げる可能性がある勝利の方程式の一角
米田氏の場合は626試合の先発登板数は日本記録。それでいてガソリンタンクの異名を持つほど完投能力が高い
どちらもアンタッチャブルレコードといえるが比べることはできない

岩瀬が登板試合のセリーグ記録を更新した時、金田さんがこう言っていたな
「ワシらの時代とは違うから一概には比べられないが、それでも立派な記録だ」と

84年間のプロ野球の歴史の中で、31年間選手として中日に在籍した山本昌もなかなかすごいと思う

王さんのホームラン記録より金やんの記録の更新は無理だろう

金田の記録は、もはや神の域だよね
現代の野球では、絶対不可能と言っても良い程の記録
でもやっぱり、記録として残っている以上、そこに目指す選手が出て来て欲しい


20勝を20年…、50試合を20年…。本当に偉大すぎる記録の数々です。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング


▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 11 件のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

  1. 856 :DVkM0MzYzMz-hOD[a]
    2020年5月19日 15:21
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    今のペースだと6,7年で宮西が届くけど前まとめられた岩瀬の現状的に届いて大丈夫かとも思う節もある
    生まれつきの丈夫さもあるだろうけど岩瀬や宮西のトレーニングや投球管理は継承していけると多くの投手に活きそうだよね
    それこそかねやんは当時としては進んだ体の管理をしていたみたいだし

    23
    1
    +22
  2. 873 :mE0MjMzhmZT-xOG
    2020年5月19日 17:52
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    浅尾の79登板、岩瀬の1002登板
    この2つに関しては良くも悪くも選手より目先の勝ちをとる当時の中日だから記録してしまった記録
    正直2度とこんな記録を更新しないで欲しい
    もし藤嶋や田島が80試合近く登板してたら中日を純粋に応援できなくなりそう

    6
    25
    -19
  3. 888 :Dg0YmNTU3Nj-mNT
    2020年5月19日 19:54
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    ルーキーの当時からホールド記録あったらどれくらいやったんかな

    6
    1
    +5
  4. 893 :TI3NiZDEzMD-5ZT[a]
    2020年5月19日 20:29
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    1000試合登板は宮西が無理ならもう無理になりそう
    松井は先発やし、山﨑康晃はメジャー志向やし

    10
    1
    +9
    • 920 :jVjNlMzBmNj-4MD
      2020年5月20日 00:34
      >>893
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      なぜ現役選手でしか考えられないのか

      2
      3
      -1
      • 935 :TI3NiZDEzMD-5ZT[a]
        2020年5月20日 07:50
        >>920
        ▼不適切なコメントを表示
        ▼不適切なコメントを非表示
        ※完全に不適切なコメント

        日本トップクラスになったらメジャーに行くって流れがこの後の世代では更に加速するからだよ
        いちいち絡むな

        4
        3
        +1
  5. 894 :GJjN3MmRlMT-jZD
    2020年5月19日 20:30
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    記録はいつか越えられるべきなんだけど、200勝すら難しい現代で400勝は無理すぎる
    まぁ20年連続20勝する先発とか贔屓にいたら最高なんだけどね

    8
    0
    +8
  6. 905 :TM2N4M2ZkND-0OW
    2020年5月19日 22:16
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    田中将大レベルの選手がずっと日本で怪我なくやってたら400勝ワンチャンってレベルだしな
    メジャーが身近なものになった今だからこそ国内だけで400勝はちょっと現実的じゃないかな
    1000試合も400Sも300Hも偉大な記録だけどぜひ超える選手が出てきてほしい

    3
    0
    +3
  7. 908 :jQyN3NTEyND-yNz
    2020年5月19日 22:29
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    84年で1人しか達成していない
    と聞いて真っ先に浮かんだのは
    高橋三千丈の「無補殺完封」だった
    ゴメンよ、岩瀬と山本昌(50歳登板)

    4
    1
    +3
  8. 912 :DE1Z1ZTY1MG-yM2
    2020年5月20日 00:07
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    言う方宮西って地味か?派手に凄えよ

    6
    1
    +5
  9. 234 :DdjMzMGQzND-3Mj
    2020年6月27日 20:55
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    古い記事にコメントして申し訳ないが、これを読む誰かに覚えていて欲しい
    2020/5/9(土) 中日スポーツ配信
    右手のしびれは2009年に症状が出た。原因が分からず、利き腕とは反対だったこともあって誤魔化しながら投げていた。左肘痛は15年。痛みが何度も再発し、この年は1軍登板のない唯一のシーズンになった。

    どちらも今なお原因不明のままだ。精密検査を受けても、しびれや痛みの原因となる異変が見つからなかった。

    1002試合登板、407セーブという偉大な記録の裏には、満身創痍の体で投げ続けた結果であるということを

    1
    0
    +1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。