最近の人気記事

  1. 日本テレビ・河村亮アナが14日に死去 15日には伊藤大海アナが中日戦で「痛烈!一閃!」【動画】
  2. 5月17日(火) ファーム公式戦「中日vs.阪神」【全打席結果速報】 大島洋平、木下拓哉が実戦復帰!!!
  3. 中日・根尾昂選手について、報道陣からの「コロナで離脱しているメンバーが戻ってきた場合は?」の質問に立浪和義監督は…
  4. 中日・立浪和義監督から打撃力の向上を託された中村紀洋コーチ、今の心境と攻撃陣に植え付けようとしている意識改革を明かす…
  5. 「21年オフの契約更改は全体として満足でしたか?」 日本プロ野球選手会がアンケート結果を発表 契約更改の選手満足度1位はソフトバンク、最下位は中日に…
  6. 3月25日(金)、中日・高橋周平は治療院のテレビで試合を見ていた「とんでもないことをしてしまいました。チームに関わる全員に迷惑をかけました」
  7. 中日・立浪和義監督、三ツ俣大樹選手の代打として福留孝介選手を送った場面について説明する「三ツ俣で送る選択肢もあったが、一気に…」
  8. 中日・柳裕也投手、試合前のキャッチボールを終えたあと、巨人ファンの親子のもとに歩み寄り…【動画】
  9. 落合博満さん「“落合の練習に耐えたのは井端、荒木、森野、マヤノトップガンだな”ってコメントが出てきたぐらいだから。まぁ、今、推してるのはマルゼンスキーだよ」
  10. 中日・立浪和義監督、根尾昂選手の成長を評価する
  11. 巨人の選手達、マウンド付近から速球を投げ込む中日・根尾昂選手を見つめる【動画】
  12. 中日新助っ人コンビ、若竜たちと仲良く写真を撮る
  13. 中日・木下拓哉捕手、新型コロナ隔離を終えてチームに復帰!!!
  14. 権藤博さん「これまで根尾は勝負するポジションが定まらず、あっちへフラフラ、こっちへフラフラとさせられていただけに、これで腰を据えてレギュラー取りに臨める、と楽しみにしていた。しかし…」
  15. 中日・A.マルティネス、ついにOPSが…
  16. セ・リーグ週間OPS、あの選手が異次元の数字になる…
  17. 本塁打を放った直後に守備に就く際、ファンに手を振る中日・ビシエドの写真がカッコよすぎる…
  18. 中日・根尾昂選手が休日返上で遊撃ノックを受け続ける それを見た小笠原慎之介投手は…


中日ドラゴンズにいるもう一人の“球界最年長投手” 33年×2万8000球の58歳最年長打撃投手



■2020.04.28 中日スポーツ

33年×2万8000球の58歳最年長打撃投手の秘密 中日ジミーさんに彦野さんも立浪さんも最大敬意【質問に答えます最終回】


 ドラゴンズには今、2人の球界最年長投手がいる。一人は現役の山井。もう一人は打撃投手の清水さんだ。中日の元投手であり、「ジミーさん」の愛称で親しまれる清水さんは、今年の誕生日が来れば59歳になる。

 この年齢まで打撃投手の肩書を持っていた人は球界でも数えるほど。しかも清水さんは1軍の一線級を相手に投げ続けている。心身ともに負荷の大きな毎日を送っているのだ。

 1日に投げる球数は「だいたい120球ぐらいかな」と清水さん。ホーム開催の試合前は、最近は20分間の登板が割り当てられる。そこで投げる球数が120球ほど。シーズン中は連日。オープン戦、練習日、さらには春秋のキャンプでも登板する。年間にすると、ざっと2万8000球ほどになる。

 そんな生活を30年以上続けることができたのは「体が丈夫だった」というが、体の管理にも余念がない。試合の日はもちろん、5年ほど前からは休みの日にも早歩きのウオーキングを1時間半から2時間ほど行い、ビッショリ汗をかくようにしている。

 「若いときは何とかなっても、年齢を重ねて衰えも出てくる。自分で維持するしかない。年をとってくると肩も早々にできないから」。オフは11月下旬のキャンプ終了後、1カ月のみ。年が明けるとともに再始動するという。「自分たちは故障したらおしまい。選手のように待ってもらえない」。重度の故障は打撃投手の引退に直結。回復するまでリハビリできるような甘い世界ではない。

 最大の危機は2000年の秋。同年のシーズンは序盤に左肘を痛め、最後まで投げられなかった。迎えた秋季倉敷キャンプ。打撃投手で飯を食っていけるか否か、岐路に立たされていた。

 「イップスまでとはいかないけど、フォームなども違うなというのはあった。イップスになった人を何人も見てきた。ケージの上に投げたり、ベースの5メートルほど前でワンバウンドするのも…。打撃投手を簡単に考えるかもしれないけど、けっこう難しい。これで給料をもらっていると考えると余計に(プレッシャーを)思う。選手にもやはり気を使う

 苦悩の中で、清水さんは冷静にメカニックを分析。「テークバックの時に止まるのを気にしすぎておかしくなったと思った。だからスムーズに投げられるようにした」。軌道修正に成功。「どうにか乗り切った。よく治ったと思う」。39歳だった秋、再びユニホームを着る道が開けた。

 一つの大きな目標がある。「まずは還暦が目標。60歳で投げたい」。その先は体力が続く限りとなるのだろうが、清水さんにはプロとして自負がある。「緩い球なら80歳まででも投げられる。でも、1軍に行って、そこで投げられるのが打撃投手だと思う」。戦力として居続けるために、この先も自らの肉体を整え“現役”で投げる。

記事全文を読む

清水 治美(しみず はるよし、1961年9月25日 – )

引退後は、1987年から中日で打撃投手を務めている。中日の主力打者として活躍し「ミスタードラゴンズ」とうたわれた立浪和義は、1988年の入団から2009年に現役を引退するまで、左の打撃投手を務めていた清水と、1999年以降右の打撃投手を務めた平沼定晴を、それぞれ最も信頼する打撃投手として挙げていた。

【選手歴】
埼玉県立川越商業高等学校
日本通運
中日ドラゴンズ (1985 – 1986)
※中日ドラゴンズ打撃投手 (1987 – 現在)

【年度別投手成績】
一軍公式戦出場なし

【背番号】
16 (1985年 – 1986年)
86 (1987年 – 1989年)
95 (1990年 – 1991年)
115 (1996年 – )
https://ja.wikipedia.org/wiki/清水治美

中日・山井大介投手「自分が2ケタ勝利したら、みんな全員2ケタ勝利するんじゃないかと(笑)」【動画】




フォロワーさんの反応 / ネットの反応

このような時期、普段は陽が当たらない裏方に目を向けるのは素晴らしい事

ほぼ還暦でプロの選手が十分に練習できる玉投げれてるってすごいよね

ただただ敬服します。すげぇ
並大抵のメンタルではもたないでしょう
怪我をさせるわけにもいかず打ち取るわけでもなく気持ちよく打たせる技術

選手の期間だけでなく裏方役に立ってここまで活躍できる
本当にいい人材を中日はゲットしました

まさに縁の下の力持ちってやつかな

後輩相手の方が多い中で、チームが勝つために努力を惜しまない裏方さんは、立派な戦力だと思う

ブルペン捕手もそうだけど、体を張る裏方さんはほんと大変な仕事だと思う

以前ラジオで山本昌が「清水さんはホント凄いよ」と言ってたな

ドラゴンズの宝です
立浪さんも認めるバッティングピッチャーです


まさにレジェンド投手ですねぇ…

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

中日ドラゴンズランキング


▼この記事を共有する




★ほんわかレス推奨です! ※「殺」や「死」系の言葉がNGワードになっている場合があります。※識別用の末尾機能を追加しました(被っていても同一ユーザーとは限りません)。※一部回線でコメント投稿が行えない場合があります。※現在、モバイル回線で一部機能が制限されています。※現在、ようやっとらんが極端に多いコメントを返信ツリーごと自動で非表示にするテストを行っています(ようやっとらん率が高すぎる投稿端末は規制がかかる場合があります)

 12 件のコメント
※現在負荷軽減テストのためアバターが非表示になることがあります。

  1. 463 :jRkM4YjIy-5OD
    2020年4月28日 19:06
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    ほんま超人やな

    32
    0
    +32
  2. 464 :jA5ZyZTg4-2ZT
    2020年4月28日 19:25
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    サムネがコラっぽい笑

    3
    1
    +2
  3. 467 :WZkZwYThh-5Zj[a]
    2020年4月28日 19:59
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    87-現在て初めて見たわ

    24
    0
    +24
  4. 468 :TJlNlMmZm-zMD
    2020年4月28日 20:20
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    33年×2万8000球じゃなくて2万8000球×33年では?

    1
    8
    -7
    • 477 :WQ0N1N2I5-lNz
      2020年4月28日 22:30
      >>468
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      ?同じだよ

      8
      0
      +8
  5. 470 :GMwNhNWU5-2Nj
    2020年4月28日 21:51
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    2万8000球×33年=92万4000球!
    山本昌の生涯投球数とくらべたら何倍だろう?
    こういう方々のおかげでドラゴンズが支えられている、感謝

    14
    0
    +14
  6. 474 :zkwNzMzg5-zZT
    2020年4月28日 22:21
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    投げまくるのに怪我したら解雇の世界
    その中で何十年もやれるのは本当に凄いよ

    17
    0
    +17
  7. 494 :TAwZiNTQx-hYz
    2020年4月29日 02:57
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    ただただありがとうございますしかないな

    8
    0
    +8
  8. 498 :mU1MlODUx-iYT
    2020年4月29日 05:04
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    50肩になったらもう投げられないからな

    そうならないような訓練を欠かさない人なのだろう

    レジェンドだよな

    9
    0
    +9
  9. 516 :jQxZjM2Jj-zZT
    2020年4月29日 10:02
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    83年ドラフトだから山本昌と同じ年か。
    (「諸事情により入団は1年遅れ」とあったけど、何があったんだろう???)

    …なんなんこの2人!?

    9
    0
    +9
    • 563 :GQ3M4MDE4-5OD
      2020年4月29日 16:19
      >>516
      ▼不適切なコメントを表示
      ▼不適切なコメントを非表示
      ※完全に不適切なコメント

      清水さんが該当かわからんけど
      交渉権は次の年のドラフトまで残ってる
      昔はそれを利用して翌年の都市対抗に出た後の入団や
      それ以外にも野球以外で社業の都合がついてから入団もあったみたい

      7
      0
      +7
  10. 589 :mU5MkYmZm-yOT
    2020年4月29日 21:20
    ▼不適切なコメントを表示
    ▼不適切なコメントを非表示
    ※完全に不適切なコメント

    全力投球とはまた別だけど、試合感覚で100球も投げれば次の日はダルさが残るのが普通
    打撃投手でも120球を連日なんて想像のつかないレベル。

    3
    0
    +3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


※現在コメントシステムの関係で一部モバイル回線でコメント機能が利用できません。ご利用時は一時的にWi-Fiなどから閲覧してみてください。